イギリスロンドン留学サポート

東日本大震災がそのきっかけでした。

 東日本大震災発生、英国ロンドン留学センターが被災した!

2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。そのときに仙台にあった英国ロンドン留学センターのオフィスも大きなダメージを受けました。通信インフラ遮断のために、連絡がどことも取れなくなり、ホームページもサーバー会社がダウンしたまま4日間稼働することができませんでした。お客様からいただいた、たくさんのメールも見ることができなかったのです。

英国ロンドン留学センターの代表北畠の家族は、家業としてカレーショップを営んでいます。被災した後にいち早く家族、友人と一緒にカレーショップを再開し、食べ物に困る被災者の人たちに無料でカレーを提供する活動を続けました。

 余震は続く

震災から10日経っても、仙台での余震は続いています。また、いつ大きな揺れが来て、お客様に迷惑を掛けるかもしれない。そんな気持ちが北畠にありました。日本中からのお客様のために、このまま仙台で留学手配業務を続けることに不安を感じた彼は東京と大阪、そして福岡の協力エージェントに連絡をとったのが協働体制をはじめるきっかけになりました。

 東京と大阪に業務を移転

英国ロンドン留学センターの「ロンドン格安留学」手配を利用するお客様は全国から問い合わせがきます。3月末には協力エージェントが北畠の代わりにそれぞれの地域の担当として留学を希望する方々に連絡をとりました。協力エージェントが東京と大阪、そして福岡で「英国ロンドン」の業務をすることのメリットも大きく貢献し、留学希望者の方も安心して御出発いただきました。

 Eurovison Consortium 設立

2011年7月、英国ロンドン留学センターの呼びかけに応じ、協働した4つのエージェントが、英国ロンドンの代表北畠の意志を尊重したグループを結成しました。グループはそれぞれの地域で、英国ロンドン留学センターのコンセプトである「ロンドン格安留学」を紹介します。そして、その収益の一部を東日本大震災の被害者の方々の為の寄付金として役立てていただく活動をはじめました。これを私たちはEurovison Consortium(ユーロビジョン コンソーシアム)と呼びます。

グループとしてイギリス留学を手配することにより、いままでより一層きめ細かなカウンセリング体制ができました。東京、大阪、そして福岡でもスタッフと会ってお話しを聞いていただくことができるようになりました。震災を機に、英国ロンドン留学センターは大きく前進します。

メンバー
構成メンバーのエージェント紹介

資料 申込